スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くやしい・・・

 16, 2010 14:58
常日頃、病気の早期発見・何でもなさそうでも早めに病院と
神経質なくらい、先生に『こんなの何でもないよ~』って言われるくらい注意してたのに。


デイジーの調子がどうもおかしいので再度病院へ連れて行った。
以前から気になっている多飲多尿。
今回で3回目だ。

最初は血液検査で何もなく、2回目は肝臓の数値が正常値範囲で少し高いくらいだけど
先生は脳腫瘍を疑い念のためH大でCT検査するも今すぐどうこうの病気ではないと言われてそのままにしてしまった。
この時点で検査結果の数値から肝臓の病気は消去法ではぶかれていた・・

そもそも多飲多尿がはじまったのは去年の6月頃。
たまに勃発するあんよ舐めで足が赤く腫れあがり先生からいつもの薬を処方された。
副作用で多飲多尿になりますと言われたのでとくに気にしていなかった。
その後も夏になり暑くなったからよく水飲むのかなと思っていたくらいで見逃してしまっていたんだ。


今回、伏せしてはすぐ立ち上がり歩き回るという変な行動に加え
急に立ち上がったり方向転換の時にものすごいふらつきがあったり、
後ろ足に力が入っていないなど明らかにおかしな症状だったのでMRIを撮りにH大へ連れて行った。

結果は脳は何も問題なく『門脈体循環シャント』・・・
愕然とした。

嘔吐、食欲不振、元気消失、ふらつき、多飲多尿、よだれ、発作、下痢・・・
下痢以外ほとんどあてはまる症状だった。
だけどデイジーの場合検査の数値が正常だった。
肝数値が少し高いくらいで門脈シャントを疑う数値ではなかったために病気の発見が
遅れてしまった。
いや・・遅らせてしまったんだ。
あんだけネットや本で調べていて似ている症状をみていたのにもかかわらず
見逃してしまったのは私の責任だ。
先生に食いついて門脈シャントの検査をしてもらっていればこんなにデイジーを
苦しめずにすんだのに・・・

スポンサーサイト

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。