Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デイジーの尋常じゃない食欲と諦めの悪さに毎日戦争・・・
ティッシュやこの間なんてクレヨン食べちゃったよ。
いけないいけない、解毒できないんだからこんなミスで具合悪くなったら大変だよ。
って言ってる私も食欲復活で困ってるんだな。
あんなにお腹へっ込んだのにもうヤバイ・・・
夏真っ只中だっちゅうのに!
でもゆったりした服が主流で良かった。
ちびTとかへそ出しとかもう流行らなくていいよって思うの私だけじゃないでしょ。だよね?

それにしても夏。
毎日虫も豪快に鳴いてていい感じ。

そういやこの前家に帰る途中、やたら車が止まっているから大勢で焼肉?と思いきや花火見学だった。
隣街に限りなく近い我が家。
その日は隣街の花火大会だったらしくそこの道路は花火のスポットみたいでたくさん車が止まっていた。
確かにキレイに見える!知らなかった~
短い北海道の夏を楽しまなきゃって毎年思うんだけどなかなかね・・・
でも明日はKの職場で夏祭り~
今回は行きます。
初参加。だれか一緒に行かないかな~♪
あ、もちろんデイジーは実家でお留守番。一人は心配だからね。
だけどまた太っちゃうな・・買い食いひかえないと。

スポンサーサイト
Kも私も正直なところ毎日お疲れ・・・
デイジーのことだけでなく色々なんだけど、特にKはデイジーが具合悪くなった時から
リビングのテレビ前で布団をひいて寝ている。
(デジが階段が上れなかったし、今も少し麻痺があって危険なので)
まあKは前からそのままソファで朝までが多いんだけど。。。
疲労回復なら今の時期はうなぎでしょ♪
一人一匹。国産うなぎ。贅沢ですな。
こんなことはめったにありません。
久々のうなぎ・・美味しく頂きます。
6歳になりました!
症状が急変し寝たきりになった時は誕生日を迎えられるか怖かったけど
無事に22日がきてくれました。
バタバタしてたしKの帰りも毎日遅くデジを一人残して買い物に行けないので
普段と変わりない日を過ごしてしまいました・・・

週末は寒天ケーキを作ろうかな・・妹に頼んじゃうかも。
先生から寒天はいいと言われたので今のおやつはアミノ酸が入った寒天です。
色々調べると裏ごししたサツマイモやりんごジャムもいいらしいのでアレンジして
チャレンジしようかな。
何せ今は食欲が戻ってきて嬉しい悲鳴なのですが食べ物制限がキツイので可哀想なんです。
食べ過ぎると命に係わる・・・厄介な病気だな。
でも少しでも食べることを楽しんでいただきたい!
毎日暑いけど乗り切るぞ。


今後の治療について病院へ行ってきた。
大学など他四人の先生の話し合いで手術はしないと決まった。
手術しても再発の可能性が高いこと、費用やデイジーの負担を考えると
やはり手術はしない方がいいということになった。
完治はできないがこれから食事と薬で治療することになる。

散歩も無理せず、激しく騒いだり走ったりはできなくなった。
だけど少しづついろんな所に行って楽しく過ごしていこうと思う。
まずは近場の川、そして支笏湖かな。
大好きな向陽台の公園にも連れて行こう。
昔から連れて行きたかったニセコはどうかな。
先生に相談して旅行も考えよう。

Kと喧嘩もひかえなくちゃ。
毎日デイジーが気持ちのいいように過ごしていこう。
Kが仕事でいない時はかわいそうだけど、なるべくKのそばにいさせてあげたい。
頑張るぞ、デイジー!
きちんと寿命をまっとう出来るように。
先生達もあのヒドイ状態からここまで快復したことに驚いていたらしいから
長生きして再度驚いてもらいましょう。
前向きに、なんとかなるさ。
一晩看病してKはこのまま寝たきりなんじゃないか、
死んでしまうのか・・・と諦めに近いことを言う。
私はデイジーの前でそんなこと言ってほしくなかったし絶対よくなると思っていた。

朝一、私の父・母、弟を巻き込んで病院に連れて行く。
(Kはどうしても休めず、酸素の機械があったので)
ぐったりしたデイジーに皆驚いていたけど皆が触ると首を持ち上げたり、少しだけフサッと尻尾をふった。
病院について診察台に乗せると帰りたいそぶりをみせた。
今日からいつも診てくれる先生は諸事情でお休み。
若い先生に状態を説明した。
今日から入院だけど夕方面会に来てもいいか確認して大好きなKのニオイつきTシャツを入れてください!
と強引に渡して帰ってきた。

母と妹はしばらく一緒にいてくれた。
二人が帰った後私達は寝ずに看病した。
あまり苦しむようならとわたされた注射(鎮静剤)・・使いたくないな。
だけど3時頃やっぱり苦しみだしてしまった。

私はずっと『大丈夫 大丈夫 すぐによくなる』
『早くよくなって散歩行くんでしょ!』、『ご飯食べるんでしょ!』と声がけをした。
自分を励ましてたんだな。。。

こんなことになるなんて私の責任だ。
はじめにおかしいと思った時、もっと勉強してもっと追求しなくちゃいけなかったんだ。
多飲多尿で色々調べていた時症状のあてはまっていた門脈シャントを読んでたのに。
もっと先生に食いついていればよかった。
もっと早くに治療していればこんなヒドイ状態にならなかったんだ。
デイジーにつらい思いをさせなくてすんだのに。
完全に私の判断ミスだ。

忙しさを理由にうるさいってキーキー怒った自分を恨んだ。
デジはまだ5歳なのに。
ラブみたいにいろんな楽しい所に行ってない。
美味しい一口だってそんなにない。
おもちゃだって思う存分買ってあげてない。
ラブが生きていた時、病気のラブ最優先でいつも二の次・・
ラブが亡くなり、これから思う存分楽しませてあげようと思っていた時も色々あって保留になったりしていた。
私はデイジーにかわいそうな思いをたくさんさせてきたのだ。

まだまだやることがたくさんあるのに死なせるわけにはいかない!
この時期・・ラブが調子悪くなったのと同じだったので怖いと思ったけど
絶対生きてもらう!
ラブが天国に逝ってしまって2年・・・あんな思いはまだしたくない。
絶対に良くなってもらう!!


前日夜から絶食。
といってもデイジーは食欲がない。
いつものようにお水を欲しがる。
寝てもすぐ起きて寝定まらない感じで徘徊している。

朝、お水が欲しいのとあまり寝ていないためにぐったり疲れているが
フラフラ後ろ足がおぼつかないながらもきちんと歩いていた。
ちゃんと吠えていたしふらつき以外は普段と変わりないデイジー。
行きたくないKに連れられH大へ向かった。

夕方Kから電話で、病名は門脈シャントときいた。
(門脈シャント:胃腸管からの静脈血が肝臓を経由せず直接体循環流入するため有害物質を無毒化せず
体中をめぐっていまいあらゆる症状を起こす病気)

小型犬と違い大型犬特有の肝内シャントのために手術は無意味と言われ
今後は今までの病院で薬と食事療法をとることになったので明日夕方に病院だなと思っていた。


常日頃、病気の早期発見・何でもなさそうでも早めに病院と
神経質なくらい、先生に『こんなの何でもないよ~』って言われるくらい注意してたのに。


デイジーの調子がどうもおかしいので再度病院へ連れて行った。
以前から気になっている多飲多尿。
今回で3回目だ。

最初は血液検査で何もなく、2回目は肝臓の数値が正常値範囲で少し高いくらいだけど
先生は脳腫瘍を疑い念のためH大でCT検査するも今すぐどうこうの病気ではないと言われてそのままにしてしまった。
この時点で検査結果の数値から肝臓の病気は消去法ではぶかれていた・・

そもそも多飲多尿がはじまったのは去年の6月頃。
たまに勃発するあんよ舐めで足が赤く腫れあがり先生からいつもの薬を処方された。
副作用で多飲多尿になりますと言われたのでとくに気にしていなかった。
その後も夏になり暑くなったからよく水飲むのかなと思っていたくらいで見逃してしまっていたんだ。


今回、伏せしてはすぐ立ち上がり歩き回るという変な行動に加え
急に立ち上がったり方向転換の時にものすごいふらつきがあったり、
後ろ足に力が入っていないなど明らかにおかしな症状だったのでMRIを撮りにH大へ連れて行った。

結果は脳は何も問題なく『門脈体循環シャント』・・・
愕然とした。

嘔吐、食欲不振、元気消失、ふらつき、多飲多尿、よだれ、発作、下痢・・・
下痢以外ほとんどあてはまる症状だった。
だけどデイジーの場合検査の数値が正常だった。
肝数値が少し高いくらいで門脈シャントを疑う数値ではなかったために病気の発見が
遅れてしまった。
いや・・遅らせてしまったんだ。
あんだけネットや本で調べていて似ている症状をみていたのにもかかわらず
見逃してしまったのは私の責任だ。
先生に食いついて門脈シャントの検査をしてもらっていればこんなにデイジーを
苦しめずにすんだのに・・・

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。