Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
家の近くの土地で家庭菜園を始めたおじさんがいる。
自分の土地なのか借りているのかわからないんだけど
ある日車で通りかかった時イエローラブちゃんが側にいた。
しかもラブと同じ赤いハーネスをしていた。
釘付けになってしまった。

何日かして思いきって話かけてみた。
実はおじさんも去年15年一緒にいた黒ラブちゃんを亡くしたそうで
それでこの子が来たらしいのだ。

その子は5カ月の時、盲導犬協会から譲り受けた子なんだそうだ。
盲導犬の最初の適正でひっかかった子で里親を募集していたらしい。
必ずしもパピーウォーカーから離れて不合格になるんじゃないんだね。

おじさんによると畑仕事を朝から晩までしていても車の後部座席でじっとしてるらしい。
偉すぎる。
盲導犬の適正には不合格でもさすがだ。
デジは無理かな。

それにしてもラブラドールを触るのはラブが天国に逝って以来かも・・・
近くで見ても触れなかった。
感触は・・ツルツルだった(笑)
やっぱりラブと違う。
ラブはウェーブした背中以外はポヤポヤちっくなやわらかい毛並みだったな。
皮膚が弱かったからかな~

なんか久しぶりにほんわかした。
でもラブじゃない。
当たり前だけど。

両親はラブがいい犬すぎてもう他の犬は飼えないとか言っている。
まぁ、自分たちも歳をとってきていっぱいいっぱいなんだろうけど。
友達の両親も長年一緒にいた愛犬を亡くして絶対もう飼わないと言っていたけど
友達は数年して犬をプレゼントしたらしい。
今はその犬にメロメロだ。
だけど飼えない気持ちもよ~~~くわかる。

とにかく『いつでも声かけて!』とおじさんに言われたのでお言葉に甘えよう!
楽しみが増えました。
スポンサーサイト

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。