Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は気温が上がったもののめっきり涼しくなってきた。
来週はまた気温が高くなるみたいだけど温かい食べ物が恋しくなってきたな。
果物・魚・野菜と美味しいものがどんどん出てくる。
なんとなく食欲が落ちて少しだけ体重キープできていたのだけど
夏とともに終了なり。

今年の夏は去年に引き続き期間限定のいちごのパフェ、ブルーベリーパフェを食べ損ねた。
夏のパスタまでも・・・悔しすぎる。

なので秋の新作モノは制覇したいものだわ!




moblog_59052e1b.jpg

親戚に頂いたこんなお菓子が美味しくってすでにヤバイっス。
スポンサーサイト
毎日この本とにらめっこしています。


デイジーは肝臓の繊維化といらない管のために食べることによって
毒素を排出できず体に毒を回してしまいます。

動物性のたんぱく質はもちろん植物性のたんぱく質も・・・
食べたら一気に具合が悪くなり最悪死に至ります。
食べたら命とりだなんて・・・
命の源なのに、一番の楽しみなのに。

なのでこの病気は獣医さんやフードメーカーに言わせると肝臓の機能を悪くさせない
専用のドッグフードしかあげてはいけないのです。

でも本当にそうなの?って思い色々調べてみると結構そうでもないことがわかりました。
むしろ専用のフードばかり与えているとその子の肝臓の状態によっては悪化するとも・・・
確かに。
進行性の病気なのに悪くなっても体重にみあった同じご飯の量っておかしいよね。
それにあの味気ないジャラジャラとしたフードだけしかあげちゃいけませんって・・・
動物性たんぱく源をまったく食べれないし、量だって大分少なくなっちゃって
なんの楽しみもないじゃない。
可哀想すぎるでしょ。

ちょっと大変なんだけど、ガツガツ食べてくれるデイジーのためにまた手作りにしました。
フードは足りない栄養を補う形で少しだけ。

たんぱく質をとれないので炭水化物と糖類で生きていくしかない。
スゴイかわいそう・・・
私なら気が狂うね。
だから彼女もイライラでスゴイ吠えてます。

今考えるとデイジーは小さい時から芝生とか雑草を鬼のように食べていた。
訓練士に何度叱られても毎回最初は雑草食べちゃうみたいな。
私と一緒の時なんて食べ放題。。まるで言うことききませんって感じ。

それとか買ってきて玄関においた白菜、キャベツなど野菜系を盗み食い。
ちょっとおいただけなのに半分以上も食べられてしまう。驚異的だ・・・
肝臓の専門医に言わせるとシャントの犬の典型なのだそうだ。
水を飲む量も半端じゃなかったし、もともと持っていた物なのかな。
何かが引き金でヒドクなった感じがする。
私とKは肥満細胞腫をたたくために投与した抗がん剤じゃないかと思っているのだけど
先生はその薬で肝臓が悪くなるのは数パーセントだから違うんじゃないか?
と言っていた。
けど頻繁に吐くようになったのも、一晩中ウロウロ徘徊しはじめたのもあの頃だ。
その数パーセントに入ってしまったんじゃないのか?
癌をたたくために仕方なかったのだけど、もっと広い視野で勉強するべきだったな。
すぐ病気がわかって対応できていればもう少し違っていたのかと思うと悔やまれる。

そんなデイジーの喜ぶ顔が見たいから手作り頑張りますよ。
お粥、りんごジャム、なしのジャム、冬瓜の煮物(味付けなしお肉のフレーバーのみ)
かぼちゃ・サツマイモのペーストに白菜ペースト他。
昨日まとめて作りました。

食べれる食材が少ないのでかなり悪戦苦闘していますが頑張りまする。
この前の病院の検査でスゴイ快復をみせてくれたデイジー。
数値がとてもいいので・・と薬を減らされ喜んだ私達。
今回の検査で愕然・・・薬をはずしてわかった肝臓の線維化。
人でいう肝硬変がかなり進んでいると言われ、しかも数値からして
あと10日程で食欲が落ち、下痢になり、腹水がたまって肝臓から栄養が取れなくなって死んでしまうという。

いやいやいや、やめてよ。
こんなに快復してるのに?
元気にしてるのに?
数値なんてあてになんないでしょ!数値でひっかからないからこの病気わからなかったんだから。
って先生攻めてるわけじゃないんだけど・・・そんなふうに思ってしまった。

確かに毛なみが悪い。
でもでも食欲あるし、散歩も行きたがるし、元気だってある。
まだまだ頑張ってほしい。
頑張ってもらわなきゃ!
大丈夫。
来年も再来年もずっーーーと一緒にお正月を迎えるんだから!
絶対死なせない。










神様お願いします。
ラブ・・・デイジーを守って。
今後の治療について病院へ行ってきた。
大学など他四人の先生の話し合いで手術はしないと決まった。
手術しても再発の可能性が高いこと、費用やデイジーの負担を考えると
やはり手術はしない方がいいということになった。
完治はできないがこれから食事と薬で治療することになる。

散歩も無理せず、激しく騒いだり走ったりはできなくなった。
だけど少しづついろんな所に行って楽しく過ごしていこうと思う。
まずは近場の川、そして支笏湖かな。
大好きな向陽台の公園にも連れて行こう。
昔から連れて行きたかったニセコはどうかな。
先生に相談して旅行も考えよう。

Kと喧嘩もひかえなくちゃ。
毎日デイジーが気持ちのいいように過ごしていこう。
Kが仕事でいない時はかわいそうだけど、なるべくKのそばにいさせてあげたい。
頑張るぞ、デイジー!
きちんと寿命をまっとう出来るように。
先生達もあのヒドイ状態からここまで快復したことに驚いていたらしいから
長生きして再度驚いてもらいましょう。
前向きに、なんとかなるさ。
一晩看病してKはこのまま寝たきりなんじゃないか、
死んでしまうのか・・・と諦めに近いことを言う。
私はデイジーの前でそんなこと言ってほしくなかったし絶対よくなると思っていた。

朝一、私の父・母、弟を巻き込んで病院に連れて行く。
(Kはどうしても休めず、酸素の機械があったので)
ぐったりしたデイジーに皆驚いていたけど皆が触ると首を持ち上げたり、少しだけフサッと尻尾をふった。
病院について診察台に乗せると帰りたいそぶりをみせた。
今日からいつも診てくれる先生は諸事情でお休み。
若い先生に状態を説明した。
今日から入院だけど夕方面会に来てもいいか確認して大好きなKのニオイつきTシャツを入れてください!
と強引に渡して帰ってきた。

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。